布ナプキンは洗った水を流すからエコじゃない?

2016年10月24日(月)
店長 小山田(布ナプキンコンシェルジュ)



布ナプキンが好きな人もいれば、嫌いな人もいます。
人によっていろんな考え方があるのは当然なんですが、間違った情報を、大勢の人に広められてるのを見ると、えー??と思います。

「布ナプキンを洗った水を下水に流しておいて、何がエコだ。」

というもの。
私自身は「布ナプはエコだ」と言うことはありませんが、(エコという言葉に疑問をもってるので) 一般的に「布ナプはエコ」だと思われていることが多いですね。


日本の下水道の普及率は、約78%です。
ほとんどの地域で下水設備が整っている環境です。

案外ご存じない方が多いのですが、

トイレで流す水も、お風呂や洗面所で流す水も、
同じ下水管を通って、一緒に処理されます。
(うんちやおしっこも、手を洗った水も、一緒に処理されるということです)

日本下水道協会のホームページにもちゃんと書いてます。
私、建設局の下水道部に電話もして確認しました。


だから、
布ナプキンを洗った水を流すのも、
ナプキンを使わず、トイレで排血して流すのも、
同じです!!



使い捨てナプキンなら、水に流す血液量は減るので、水を汚す度合いは軽くなります。
でもその分、ごみが増えます。
湿ったナプキンごみを燃やすという、エネルギー負荷がかかります。


何がエコで、何がエコじゃないかなんて、その人の考え方次第なんです。
一部分を切り取って、エコか、エコじゃないか言っても、意味がないと思いますし。


今日お伝えしたいのは、布ナプキンを洗った水をお風呂や洗面所で流すのも、トイレで排血して流すのも、環境負荷の面では同じです、ということ。

「汚れた水を流すから、布ナプキンは環境に悪い」、というのは違います、ということです。


ただこれは、下水設備が整っているところで言えることです。
生活排水がそのまま川に流れ込むという地域では、やはり布ナプキンの洗濯はおすすめできません。
つまり、そういう地域にお住まいであれば、布ナプキンの使用は避けた方がいいと思います。

Sunny Days column トップページに戻る≫

布ナプキンについて知っておきたいこと

  • 布ナプキンってなに?
  • 布ナプキンの使い方
  • 布ナプキンの洗い方
  • 布ナプキンQ&A

Sunny Daysのスタッフ全員が布ナプキンをもちろん愛用しています。
        布ナプキンに慣れるまで私たちがサポートいたします。

布ナプキンにドン引きした私が、Sunny Days を作った理由 小山田貴子

サニーデイズウィークリーキャンペーン

お気軽にお電話ください!
お電話受付時間:土日祝除く10時〜18時
フリーダイヤル(通話料無料)
0120-141-275
メールアドレス
info@toreru.com

PC表示に切り替える