布ナプキンの洗濯は、バケツにぽいっと入れるだけ!

2016年4月11日(月)
店長 小山田(布ナプキンコンシェルジュ)

布ナプキン

布ナプキンって、体にいいらしいね。ゴミにもならないし、冷えにもいいらしいし、かぶれないらしいよ。へえーーー、いいねえ。でも、洗うの、面倒だわ。


ちーん。。。

ですよねーーー。このハードルは、かなり高いです。。実際、私もはじめはそう思っていましたから、よくわかります。今までは、ぽいっと捨てれば終わりだったのに、洗うなんて!!と、思いますよね。


でもね、超ズボラな私にも、できるぐらいです。全然たいしたことありません!何しろ、浸けておくだけですから♪もう一回言いますよー。浸けておくだけ ですから!


■布ナプキンの洗濯は、3ステップです!


1:軽く水洗い (汚れが残っていて全然OK)

2:洗剤を入れた水に、浸ける

3:絞って、洗濯機で洗う



おわり!


つまり、いつもの洗濯の前に、浸ける手間が増えるだけ。といっても、バケツにぽいっと入れるだけですから!たいしたことないですよね?実際は洗濯機で洗わなくても、きれいになってるぐらいです。ただ、脱水はしっかり洗濯機でしていただきたいんです。手でいくら絞っても絞り切れませんし、雑巾みたいにぎゅーっと絞ると、生地を傷めますしね。脱水だけで洗濯機に入れるよりも、他の洗濯物と一緒に洗濯機に入れちゃう方が、手間が省けますよ。


■汚れはゴシゴシするから、落ちないんです!


でも、
「浸けておくだけで、ほんとにきれいになるのー?」と、思いましたね?(笑)下着が汚れちゃったとき、ゴシゴシこすってもなかなかきれいにならなくて、イライラする!あれがきれいにならないのに、もっと汚れる布ナプキンが、きれいになるわけがない!そう思われるのも、無理はありません。

でも実は、

ゴシゴシするから取れないんですよ〜。(笑)

浸けておけば、きれいになるんです!

コツは、アルカリ性の洗剤 を使うこと。血液はたんぱく質なので、アルカリ性でよく分解されるんです。

アルカリ性の洗剤っていろいろあります。その中でもダントツでおすすめなのが、米ぬかと微生物だけでできているとれるNO.1です!

布ナプキン

この微生物が、たんぱく質をよく分解するんです!ほんと、おもしろいぐらい、きれいになるんですよーー!ビフォーアフターの写真を、お見せしたいぐらい。さすがに公序良俗に反するので、お見せできませんが。どれだけ使い心地が良くても、きれいにならなかったら、次に使う気になりません。でもきれいになると、また使いたくなりますよね。実はこの「とれるNO.1」を使ってくださったお客様が、

「これで洗うと、布ナプキンがすごくきれいになるよ」

と言ってくださったのがきっかけで、サニーデイズの布ナプキンが生まれたんです!とれるNO.1があってこその、サニーデイズの布ナプキン。なので、汚れ落ちに関しては、ほんとに自信があります!


■手間がかかるのは、面倒ですか?


ただ、いくら簡単できれいになると言っても、捨てるだけと比べると、洗う手間が増えるのは確かです。
でも、

手間がかかる = 面倒 ではなく、

手をかける = 自分を大切に、丁寧に暮らす

とも考えられると思うのです。そして、実際に布ナプキンを洗ってみると、自分を大切にしている感覚に、気持ちがやわらかくなったりするんですよ。洗濯が大変じゃないなら、布ナプキンへのハードルも、ぐっと下がりますよね。

Sunny Days column トップページに戻る≫

布ナプキンについて知っておきたいこと

  • 布ナプキンってなに?
  • 布ナプキンの使い方
  • 布ナプキンの洗い方
  • 布ナプキンQ&A

Sunny Daysのスタッフ全員が布ナプキンをもちろん愛用しています。
        布ナプキンに慣れるまで私たちがサポートいたします。

布ナプキンにドン引きした私が、Sunny Days を作った理由 小山田貴子

サニーデイズウィークリーキャンペーン

お気軽にお電話ください!
お電話受付時間:土日祝除く10時〜18時
フリーダイヤル(通話料無料)
0120-141-275
メールアドレス
info@toreru.com

PC表示に切り替える