布ナプキンは洗っても不衛生じゃないのか問題について

2016年3月10日(木)
店長 小山田(布ナプキンコンシェルジュ)

布ナプキン

以前、月経力アップ講座にお越しくださった方から、布ナプキンについてのご質問をいただきました。とても大切なことですので、こちらでもご紹介させていただきますね。

● ご質問 ●
とれるNO.1(弊社のバイオ洗剤)を使って洗濯をしていますが、生理の血液はきちんと取れているのでしょうか?
最近ある友人から、布ナプキンは布の繊維に入り込んだ経血が残っている事が多く、大変不衛生で危険だからやめた方が良いと言われ戸惑いました…>_<…
とれるNO.1で洗ってかなり綺麗に落ちているので、残しはないように感じていますが、どうなんでしょうか?


★ Sunny Daysとしての回答 ★
布ナプキンは不衛生じゃないのか、という問題ですが、何をもって不衛生と言うのか、だと思うんですね。

正直言うと、いくらとれるNO.1できれいに洗っても、どんな洗剤を使っても、中の布の組織を顕微鏡レベルで検査すると、血液の残留成分はゼロではないと思います。それは、洋服などにつく汗や皮脂も同じことだと思います。

1:布ナプキンは家族でも共用せず、自分専用のものを使う。
2:布ナプキンは自分で必ず洗う。
3:毎日洗濯する。もしくは浸けおきの水を変える。
4:長時間つけっぱなしにしない。
5:しっかり乾かす。
6:血液感染症(AIDS、B型肝炎、C型肝炎、梅毒など)に罹患している場合は、布ナプキンを使わない。

これが基本です。
これができていれば、たとえ生地の中にごくわずかに血液の成分が残っていたとしても、そこから体を害するほどの雑菌が繁殖することは考えにくいです。

どうしても心配であれば、煮洗いや漂白をすることで、より清潔になると思います。

よく言われるのは、血液にはいろんな病原体を含んでいる可能性があるから危険、というものですが、自分専用の布ナプキンにして、自分で洗うことで、誰かから感染したり、逆に感染させたりすることも考えにくいです。

もちろん、家族に配慮して洗い方に気をつける(蛇口や洗ったスペースをきれいにするなど)ことは当然です。(エチケット的にも、家族への感染予防のためにも。)

血液感染は、傷口や粘膜部分に感染源の血液が触れるなどが感染経路です。医療機関では確かに病原菌を含む血液が多いですし、お医者さんや看護師さんは医療行為の中で感染する危険も多く、その視点で見ると布ナプキンは危険なものだと思われるのだと思います。

ですが、個人が自分のものを自分で洗って使うのであれば、必要以上に怖がることはないと思っています。私自身もう10年近く布ナプキンを使っていますが、なんの不具合もありません。また、お客さまからもそういったお声はありません。

でもやっぱり不安、怖い、と思われるようでしたら、使い捨てナプキンをおすすめします。一番大切なのは、何を使うかよりも、使うご本人の気持ちなので。

あと、布ナプキンに頼ってしまうのではなく、トイレで排血できるような体づくり(月経血コントロール)を意識することも大切だと思います。


ただ、これを読んで、「じゃあ布ナプキンでも心配しなくていいのね」と思うのではなく、これも一つの情報として、ご自身で考えてみてください。

何が正しいか、間違っているかというのは、視点によってまるっきり変わります。「正しいかどうか」という基準ではなく、「自分が心地いいかどうか」を基準にして判断されるのがいいと思います。


なので、私は布ナプキンをおすすめはしますが、ドラッグストアで売っている使い捨てナプキンも、否定するつもりはありません。情報を得たうえで、自分で選んで、自分で何を使うかを決めてくださいね。

Sunny Days column トップページに戻る≫

布ナプキンについて知っておきたいこと

  • 布ナプキンってなに?
  • 布ナプキンの使い方
  • 布ナプキンの洗い方
  • 布ナプキンQ&A

Sunny Daysのスタッフ全員が布ナプキンをもちろん愛用しています。
        布ナプキンに慣れるまで私たちがサポートいたします。

布ナプキンにドン引きした私が、Sunny Days を作った理由 小山田貴子

サニーデイズウィークリーキャンペーン

お気軽にお電話ください!
お電話受付時間:土日祝除く10時〜18時
フリーダイヤル(通話料無料)
0120-141-275
メールアドレス
info@toreru.com

PC表示に切り替える