お掃除
お掃除のプロ、また、整理収納のアドバイザーとして
ご活躍の尾本礼子さんに、とれるについて、
お掃除や片付けのコツについてお聞きしました。
第2回整理・収納(片付け)のポイント
整理・収納アドバイザーって?

整理収納アドバイザーの役割は、ヒトコトで言えば
“整理や収納のアドバイス”をすることです。
掃除もそうですが、片付けが苦手という方は多いですよね。
そんな方の、整理や収納のお手伝いをしているんですよ。
私は『整理収納アドバイザー1級』を持っています。
この資格は“整理や収納を根本的なことから理論的に学び、
ある一定レベルに到達した人がもらえる認定資格”なんです。



片付けはイメージすることからスタート

整理・収納(片付け)をするためには、いきなり動く前に
『イメージする』ことが大切です。
まずは「なぜ片付けをしたいのか」「どうなりたいのか」を考えてください。
たとえば・・・
使い勝手を良くして、見た目もきれいにしたいのなら
    ↓   ↓   ↓
できあがった(使いやすい、スッキリ片付いている)様をイメージ
理想の完成型をイメージすれば、きっと頑張れます。

イメージできたら、必要な道具を揃えましょう。

片付けをがんばるためには、楽しいことも必要です。

など、自分が好きなものを用意しておくと、さらにはかどるはず。
楽しみを持って片付けしましょう。


片付けはイメージすることからスタート

片付けは、3段階で考えていきます。

の3段階です。

1:不必要なものを処分する
まずは、片付けをする場所にある物をすべて出してください。
その上で、自分で一定の基準を設けるといいですね。
たとえば「衣類」の場合

・2年間着なかったら捨てる
・型崩れ、シミのあるものは捨てる
・サイズの合わないものは捨てる

といった具合です。
例外を作らずに、決めた基準に従って処分しましょう。
といっても、「値段が高かった」「思い出がある」というものは
処分しにくいですよね。
「どうしても残しておきたい!」と思うものは、いくつか残してもOKです。
ウェディングドレスや子どもの七五三の衣装などは、
処分したくないですもんね。
そういうものは残しても大丈夫です。
不要なものが処分できれば、片付けの50%は終了!
ある意味「自分との戦い」ですから、頑張ってくださいね。

2:分類する

次は、残ったものを分類していきましょう。
「使用目的」「使用頻度」「使用時期」などで分類するといいですよ。
分類のしかたを例に挙げておきますね。

①使用目的
衣類:「普段着」「フォーマル」
キッチン:「調味料」「調理器具」「ストック品」
②使用頻度
「毎日使うもの」「比較的よく使うもの」「たまに使うもの」
③使用時期
季節ごとに分類

3:収納する
いよいよ最後です。
「分類」に従って、収納していきましょう。
キッチンなら「調理器具」「調味料・ストック食品」と別々に片付けていきます。
さらに、調理器具の中でも
「いつも使うもの」「比較的よく使うもの」「たまに使うもの」「季節で使うもの」
など、使用頻度を考えていきます。
使用頻度の多いものから順に、取りだしやすく、しまいやすい場所に
片付けていってください。
つまり「よく使うものは前、あまり使わないものは奥」という具合ですね。
収納するときは、どこに何が入っているかわかるようにしましょう。
ラベルやデジカメで撮った写真を貼っておくと、
どこに何があるかすぐわかりますよね。
それに、同じようなものを買わなくてすむので節約にもなります。
家族みんなで使うものは、使う人全員に収納場所がわかるように
工夫してくださいね。


次回は尾本さんに、整理収納の場所別ポイントを教えてもらいます。
お楽しみに!

あなたを笑顔にする布ナプキン
〒530-0041 大阪市北区天神橋2北1-21 八千代ビル東館6F株式会社アップサイド 地球洗い隊
TEL:06-6355-1237 FAX:06-6355-1239  MAIL:info@toreru.com
※お問い合わせには2営業日内にお返事さしあげます。ただ土日祝日はメール対応をお休みさせていただきます。