人も地球も洗うバイオ洗剤「とれるNO.1」で地球の水を守ろう!

あなたを笑顔にする布ナプキンSunnyDays

地球洗い隊

  • 初めての方へ
  • お買い物ガイド
  • 商品一覧
  • お客様の声
  • マイページ
  • 買い物かご

13:00までにご注文いただくと に発送可能です!  

汚れ落とし相談室

「汚れ落とし」のお悩み解決はこちらへ

商品についてのよくある質問

お客さまの声

掲示板

解決策が見つからない場合はこちら

商品についてのよくある質問

Q.独特のにおいがありますが、何のにおいですか?

A.成分に含まれている米ぬかが、微生物の働きで熟成したにおいです。
化学物質は一切使っておりませんので、自然なにおいです。
別売りのひのきスティックを入れておくと熟成の速度をゆるやかにし、
においも強くなりにくくなります。

Q.使用期限はありますか?

A.ありません。
保管期間が長くなると微生物の働きで熟成が進み、状態が変化します。
白濁する、色が濃くなる、どろっとする、沈殿物ができる、においが強くなる
などは自然な変化です。
酵素が増え洗浄力は高まっていますので、水で薄めてお使いください。

Q.赤ちゃんやペットが舐めても大丈夫ですか?

A.化学物質を使っていないので、多少口に入っても問題ありません。
残留成分を気にして何度も拭き取る必要もありませんので、
安心してお使いください。

<ご注意>

使っては危険な場所はありませんが、高い洗浄力によってコーティング加工がとれることがあります。
テフロン加工のフライパンや、メガネのレンズ、つや出し加工されているものへの
ご使用はお気をつけください。

とれるNO.1(全般)に関する質問

成分・注意事項など

Q.どのぐらいの除菌力がありますか
☆とれるNO.1
いわゆる雑菌とよばれる一番多い菌や腐敗菌などは除菌できます。
ただ、エタノールなどと比べると弱いかと思います。

☆大銀穣
除菌力は、大銀穣が優秀です。
これは大腸菌や黄色ブドウ球菌なども除菌できるほどの効果です。
Q.なぜ静電気を抑えてくれるのですか
とれるNO.1で掃除すると静電気を抑えてくれるのは
成分の中の米ぬかによる効果です。
一般の合成洗剤では、こういう効果は得られないと思います。
Q.口に入ってしまったときはどうすればいいですか
化学物質は含まれておらず、微生物も納豆菌の仲間などですので
多少口に入っても問題ありません。

ただし、家庭用品品質表示法で規定されているため
容器の注意書きには「飲み込んだ場合は水を飲むなどしてください」と表示しております。
Q.とれるNO.1粉末タイプが泡立つのはなぜですか
とれるNO.1には、泡をつくるための成分は入っておりません。

とれるNO.1粉末タイプに少し水を加えた状態は、粘度があります。
その液がついたスポンジを使うと、スポンジの中の空気が
とれる液でできた風船を膨らませているような状態で泡が立つ
というご説明でお分かりいただけるでしょうか?

ちなみに、使うスポンジによって泡立ちはまったく違います。
手の中で泡立たせるだけでも、多少は泡が出ます。
Q.とれるNO.1の原料や生産工程は本当に安心できるものですか
とれるNO.1は「食品」ではありませんので
食品製造工場ほど厳密な衛生管理がされているわけではありませんが
もちろん安全・安心なものとして、自信をもってご提供しております。

まず、とれるNO.1で使っている原料について。
当然のことですが、米ぬかもフスマも
衛生的に問題があるものは一切使っておりません。

生産設備も、熟成タンクはステンレス製。
製造工程もきちんと管理していますので、何かが溶け出すという危険はありません。
化学物質や重金属による汚染が発生することはありえませんのでご安心ください。
Q.とれるNO.1には「洗浄と保湿」相反する効果があるのはなぜですか
とれるNO.1の洗浄と保湿の関係ですが
洗浄力は、主に有益微生物が作り出す酵素の働きで
保湿は、米ぬかに含まれるさまざまな栄養分や油分の効果になります。

主婦湿疹で手荒れのひどかった方も
とれるNO.1は「汚れは落ちるけど、手があれない」と喜んでいただいています。

しかも、ゴム手袋いらず。
強い洗剤はゴム手袋なしでは使えませんが
とれるNO.1なら、素手で使っても手荒れしません。
Q.とれるNO.1は弱アルカリ性ですが、肌にいいのは弱酸性ではないですか
確かに「素肌と同じ弱酸性?(は肌にやさしい)」と刷り込まれていますよね。
イメージ戦略というのは恐ろしいものだと思います。

とれるNO.1の液性は、ph(ペーハー)8から9程度の弱アルカリ性です。
一般的には、アルカリ性でも酸性でも肌への優しさや影響は大差ない
と言われています。

石けんはアルカリ性ですし、ほとんどの温泉もアルカリ泉です。
大手メーカーが売っている石けんや入浴剤もアルカリ性です。
どうぞ、安心してお使いください。

肌の油分を必要以上に落としてしまうのは
肌に残ってしまった界面活性剤の影響のほうが大きいと思います。
Q.とれるNO.1でシャンプーしても髪のカラーは落ちませんか
ヘナは比較的落ちにくいようですが、一般のヘアカラーはかなり落ちます。
カラーリングをしていらっしゃる場合は
あまり洗髪にはおすすめできません。
Q.とれるNO.1と他のエコ洗剤との違いは?
ほかのエコ洗剤とよばれるものは
「地球に優しい」ということで、生分解性が高いものがほとんどです。」

しかし、とれるNO.1の場合は、汚れを分解する微生物そのものですので
生分解するかどうかという問題以前のもので
一般的な洗剤とはまったく違う概念のものです。

また、流れていった先でもゆっくりと水質浄化をする効果も
ほかのエコ洗剤とは異なります。
Q.とれるNO.1を使うとなぜスベスベするのですか
米ぬかに含まれる保湿成分と油分のためです。

米ぬかは昔から化粧品として使われたり、
ぬか袋で床を磨いたりされてきたことからもわかるように
保湿力が高く、油分を含みます。

ちなみに米油は、米ぬかを圧搾して作られます。
Q.ボトル内の白いゼリー状のものはなんですか
とれるNO.1の液体タイプが固まるのは
冷えてゼリー状になる場合と
保管期間が長くなり、酵素が増えてどろっとしてくる場合があります。

低温が原因であれば、ボトルでもパックでも洗面器などにお湯を入れて
そこにしばらく浸けておくと、液状に戻ります。

ちなみに、微生物は寒さには強く、0度以下でも死なないものがほとんどです。
ただ、眠ってしまって活動しなくなるため
気温が低い時は、汚れの分解の効果も落ちてしまいます。

そういうときはスプレー容器をぬるま湯にしばらくつけるなどしてください。
あたたまると目を覚まして活動をはじめますので。

また、あたためても同じであれば、酵素が増えている状態だと思いますので
少しお湯を入れ、容器を振みてください。

ノズルの中に固まってしまった場合は、ノズルだけを外し
管の先を洗面器などに入れた水につけ、なんどかプッシュすると
ノズルの中を洗うことができます。

そのようにして、ノズルの出をよくしてからお使いになってみてください。
Q.とれるNO.1とEM菌との違いは?
とれるNO.1もEM菌と同じように、
たくさんの種類の有益微生物群からできています。

微生物は本当にたくさんの種類があるので、
個々を見ていくと違うのかもしれませんが、
「有益微生物群」ということであれば、どちらも同じでしょう。

とれるNO.1は、家庭でも使いやすいように
その有益微生物群に、米ぬかやふすまを加えています。
その点が、一般的なEM菌との違いなのではないかと思います。
Q.漂白剤を使ってもいいでしょうか
とれるNO.1の中にはいくつもの種類の微生物が入っています。
それらは、合成洗剤などの化学物質には弱いです。

漂白剤はとても強いので、とれるNO.1の微生物はほとんど死んでしまいます。
そのため、とれるNO.1と漂白剤を同時に使うと
とれるNO.1の効果がなくなってしまいます。

ちなみに、とれるNO.1で洗ったあとに漂白する
という使い方でしたら、洗浄面では問題ありませんが
排水溝に流れていったとれるNO.1の菌たちは死んでしまう
ということになると思います。
Q.とれるNO.1の米ぬかは水を汚さないのですか
米ぬかが水を汚すというのは、米のとぎ汁を流すことでおきる
富栄養化のことではないでしょうか。
自然の微生物で食べきれないほど流すことの問題です。

とれるNO.1に入っている米ぬかは、お掃除で使って流す程度であれば
量的にも大丈夫ですし、分解してくれる微生物といっしょに流れるわけなので
問題ありません。
Q.とれるNO.1は色落ちしませんか?
染料によっては色落ちするものもあります。
色ものは、まず目立たない場所で確認してから
お使いいただくようお願いいたします。
Q.とれるNO.1の微生物の効果が上がる温度は?
やはり40〜60度ぐらいの温度が微生物にとっては活動しやすいようなので
洗浄効果も、その温度帯が高くなります。

ただし、温度だけではなく水分も必要ですので
とれるNO.1粉末タイプは、水分を与えてお使いください。
(とれるNO.1液体タイプはそのままで)

とれるNO.1に含まれる微生物は低温にも強いものが含まれますが
冷たい水などでは洗浄効果は低くなります。
逆に、0度以下で微生物は活動は止めても死にませんが
100度以上になると微生物は死にます。

また、とれるNO.1には酵素も含まれています。
酵素というのは、微生物が活動したときにできる副産物です。

熱いフライパンの焦げ付きが取れたというお声は
微生物が焦げを分解したというよりも
この酵素の洗浄効果ではないかと思います。
Q.とれるNO.1が市販の洗剤と比べて高価なのはなぜですか
とれるNO.1は、大きな工場で機械的に作るものではなく
小さな工場でごく少人数で、しかもほとんど手作業ですので大量生産できません。
こちらをご覧ください >>

機械的にできる他の洗剤と比べると割高ではありますが
とれるNO.1には、その値段に見合った効果があると
自信を持ってオススメしています。

ただ、とれるNO.1は少量でも効果があります。
最初は量を使いすぎる方が多いようですが、
慣れると少量でも汚れが落ちることがおわかりになると思います。
実験するつもりで、適量を見つけてみてください。

すぐにはなくならないはずですし
家じゅうがとれるNO.1だけで済みますので
結果的には、それほど高価なものではないかと思います。

また、たとえば
布ナプキンの洗濯は、とれるNO.1でなければいけない
(アルカリウォッシュなどを使って洗う方もいらっしゃいます)
ということはありませんし
掃除などで使う場合も、とれるNO.1と重曹と混ぜてもかまいません。

ライフスタイルに合わせて、とれるNO.1を取り入れてください。
Q.粉末タイプを水で溶くと、液体タイプになりますか
とれるNO.1粉末タイプを入浴剤としてご使用の場合、
市販のお茶パックか、ガーゼの袋などに包んでください。
米ぬかなどの粒子が溶けず、カスが残ってしまうからです。

残り湯は、お洗濯に使えます。
通常通りに洗剤を入れて洗濯してかまいません。
(ただ、とれるNO.1の効果はなくなります)

ガーゼの袋に粉末を入れれば、入浴剤としてだけではなく、体や髪も洗えます。
Q.保管している間に容器がへこむのはなぜですか
とれるNO.1には生きている微生物が入っています。
その微生物たちも呼吸をしているため、
容器の中の空気が少なくなって、凹みが生じます。

容器がへこんだ場合は、スプレーノズルをはずして
容器を軽く押して形を整えれば戻ります。
ただし、若干へこみの跡は残るかもしれません。
Q.とれるNO.1に使われている米ぬかには農薬の心配はないですか
使用している米ぬかは、滋賀県の契約農家さんで
減農薬栽培されたお米のぬかです。

もちろん食用のお米のぬかですから、
農薬についても食用として問題ない基準のものですし、
お米はモミという外側の殻がついていますので、
直接、農薬がかかるわけではありません。
ご安心ください。
Q.とれるNO.1で掃除したところを赤ちゃんやペットがなめても大丈夫?
大丈夫!安全です。
とれるNO.1には化学物質は一切含まれていません。

合成洗剤で掃除したあとの残留成分は危険ですが
天然のものばかりなので、もし口の中に入っても少量なら問題ありません。
(ただし、大量に飲み込んだりしないようお子さんの手の届かないところに保管してください)
Q.アレルギーがあるのですが使用できますか?
とれるNO.1には、化学物質などはまったく含まれていませんが
米ぬか、麦のぬかが原料ですので
米、麦アレルギーをお持ちであれば、反応することがございます。

様子を見ながらお使いください。
Q.ウールやシルクなどドライマークがついている素材も洗えますか?
ウールやシルクもとれるNO.1で洗えますが
デリケートな素材は、水に弱かったり色落ちしやすかったりしますので
浸けおき時間は短めがいいと思います。

まず、目立たない場所で色落ちしないかどうか確認してから
お使いいただくと安心です。
Q.使えないところはありますか?
テフロンやフッ素樹脂などの加工がしてあるものへの使用はおやめください。
コーティング加工がとれてしまう恐れがあります。
(フライパン、眼鏡など)

また染めた髪の毛は、染料が落ちてしまうことがありますので
お使いにならないでください。

●とれるNO.1液体タイプ
95%が水ですので、電気製品や畳、木、紙など
水を使ってはいけないところでの使用はおやめください。
ただ電気製品や畳などの掃除には、布にスプレーしてから拭けば大丈夫です。

●とれるNO.1粉末タイプ
フスマなどの粒子で傷がつく可能性もありますので
傷つきやすいものに使われるのは避けたほうが安心です。

とれるNO.1は、浄化槽でも問題なく使えます。
掃除などで使うだけで、浄化槽の中もキレイになるという声をよくいただきます。

そのほか、皮、絹、毛皮、人工大理石などへも使えますが
デリケートな素材のもの、色落ちが心配なものについては
必ず目立たないところで大丈夫かどうか試し
状態を確認してからお使いいただくようお願いします。
Q.とれるNO.1の使用期限はありますか?
とれるNO.1液体タイプ・粉末タイプとも、使用期限はありません。

ただし、微生物が生きたまま働いていますので
液体タイプについては、時間とともに熟成が進みます。
したがって、保管期間が長くなると
色が濃くなったり、ニオイが強くなったりなど変化が起きることはあります。

変化の具合は、そのときの気温や湿度などさまざまな条件によるため
どれくらいの期間でどのような変化が起こるという明確な基準はありません。
ただし、気温の高くなる春から夏場は、熟成の進み方は早くなります。

また、白い沈殿物が生じることもありますが
これは、微生物の新陳代謝の副産物としてできた酵素です。

これらの変化は、とれるの微生物が元気な証拠なので
むしろ洗浄力は高まっています。
ボトルを振ったり少し水を加えたりして、撹拌してお使いください。

色やニオイが変わるとダメになってしまったと思われがちですが
熟成が進むことによって、逆に洗浄などの効果が高くなっていますので
安心してお使いください。

とれるNO.1は、米ぬかの自然なニオイなのですが
特に、ニオイが強くなったとれるNO.1が苦手な方もいらっしゃいます。

その場合は、臭くなったとれるNO.1をボウルに出して泡立て器などで泡立ててください。
そして、そのまましばらく放置(1日ぐらい置いてください)
かなりニオイは薄れていると思います。
Q.洗浄の仕組みを教えてください
界面活性剤は汚れを付着面からはがすだけですが、
とれるNO.1は汚れ自体を分解します。
分解されて汚れ自体が小さく、少なくなれば、付着面からも外れて
汚れが落ちやすくなるということになります。
Q.とれるNo.1とエッセンシャルオイル(精油)を混ぜても大丈夫?
とれるNO.1は、生きている微生物が汚れを分解します。

エッセンシャルオイルは殺菌効果のあるものも多く、
とれるNO.1の微生物がやられてしまい、効果がなくなってしまいます。

逆に、オイルの量が少なければ微生物が殺菌されてしまうことはないですが
とれるNO.1の微生物のほうが強力で、オイルの香りが長持ちしない
ということもあります。

純度の高いエッセンシャルオイルで
しかも限られた品種がとれるNO.1の微生物と共存しますが、
日本で市販されているアルコールで希釈されたものを使用すると
逆に発酵臭が強まります。

できれば、エッセンシャルオイルとの併用は避けたほうがいいでしょう。

ただし、極少量の精油を短い間隔で入れてお使いいただくと
バランスよくお使いいただけるかもしれません。

また、とれるNO.1で浸けおきした後、
すすぎをする際に、仕上げとしてエッセンシャルオイルを使うのは問題ありません。
Q.とれるNO.1の独特のニオイはなに?
とれるNO.1に含まれる米ぬかのにおいです。

また微生物の働きで熟成が進み、においが強くなることもあります。
人によっては「魚のにおい」「こんにゃくのにおい」と
感じられることもあるようです。

合成洗剤や化学的な香料に慣れていると
ちょっと変なにおいに感じるかもしれませんが
自然のものですから安心です。

「合成洗剤のツーンとする刺激臭よりも、よっぽどいいにおい!」
というお声も多いぐらいです。

ページトップへ

使い方

Q.とれるNO.1で、錆は落とせますか
残念ながら、とれるNO.1では錆はとれません。

とれるNO.1は、微生物が汚れを分解することできれいにするという仕組みです。

錆は有機的な汚れではなく、金属ですので
微生物という生き物には分解できません。
Q.とれるNO.1は、手洗いせっけんの代わりに使えますか
形状的に、手洗い用としては使いにくいかもしれませんが
とれるNO.1のスプレータイプも粉末タイプも問題なく使えます。
Q.冷蔵庫の消臭には
冷蔵庫のにおいは、においの元がわかりにくいのでまず掃除してみてください。
冷蔵庫の中身を全部だして、とれるNO.1で壁や棚を拭き掃除してください。
そのあと、大銀穣をスプレーすれば万全です。
Q.赤ちゃんの沐浴方法を教えてください
ガーゼのハンカチなどに粉末タイプを包んでからお使いください。
お湯を含ませると、とろりとした液が出てくるので
それを体や髪の毛につけて洗います。
Q.30センチほどの水槽には、粉末をどのぐらい入れればいいですか
30センチ程度の水槽でしたら、まず、お茶パックに
とれるNO.1粉末タイプを小さじ半分程度を入れて、様子を見てください。

金魚が、エサと間違えてつつきに来るでしょう。
入れ始めは米ぬか分が白く出てくるかもしれませんが、すぐに落ち着きます。
落ち着いたら、小さじ1杯程度を入れてください。

水替えは、濾過装置をつけているかどうかによって変わります。
濾過装置がついている場合、とれるの粉末を入れておけば
水替えがいらないほど目だっては汚れません。
ただし、ガラス面の藻はつきますので、数ヶ月に1回程度、
藻の掃除をする際にでも水も替えてあげてください。
(隊長家の水槽は、蒸発して減ってくる分を入れる程度で3年以上水替えはしていません)

濾過装置がない場合は、汚れ方やニオイをチェックして
気になったら水替えしてください。
どの程度の頻度がいいかは、一概には言えませんので
様子を見ながらお願いします。

とれるNO.1は、粉末でなくても 液体を数日に1,2度、スプレーするだけでも効果があります。

金魚の様子を見ながら、いろいろやってみてください。
Q.とれるNO.1をコンタクトのケアに使えますか
洗浄という面では問題ないかもしれないとは思いますが、
コンタクトは医療機器であり、また目に密着するものです。

とれるNO.1は、多少口に入っても問題ないような安全な成分ではありますが
目に入っても問題ないのかというところまでは確認しておりません。

あくまでも、とれるNO.1は掃除用の洗剤としての商品ですので
コンタクトのケア用品としてのご使用はおすすめできません。
Q.カビには、とれるNO.1と大銀穣のどちらがオススメ
はじめに、とれるNO.1で掃除した後
大銀穣をスプレーすることで、次のカビが生えにくくなります。

とはいえ、カビは生えてすぐなら落ちやすいですが
生えて時間がたったものは、とれるや大銀穣でも簡単には落ちません。

何回も繰り返してお使いいただくことで、少しずつきれいになり
新しいカビも生えにくくなるとお考えください。
Q.とれるNO.1はどんな汚れに強いのですか
とれるNO.1の効果を実感しやすいのは、油汚れだと思います。

揚げ物をしたときに周りに飛び散った油などにスプレーをして
1分ほどしてから拭き取れば、さらっと拭き取れます。
魚を焼いたあとのグリルの掃除もラクという声も多くいただきます。

ただ、普段から汚れをためないキレイ好きな方には
とれるNO.1は必要ないかもしれません。

汚れがあるのにきれいにならないということであれば
スプレーする量と拭き取りまでの時間を少し増やしてみてください。
Q.キャンプでとれるNO.1を使いたいのですが
とれるNO.1は、ボーイスカウトでの活動や、
各地のキャンプ場などでもお使いいただいております。
キャンプでの食器洗いなどでの使用には
粉末タイプのほうが使いやすいと思います。

粉末をそのまま使うのではなく、お茶パックやガーゼの袋などに入れ
少し水を含ませて食器に塗っていくように使います。

そのパックのままで洗ってもいいですし
パックを少し濡らすとぬるっとした成分が出てくるので
それを食器に塗った後、スポンジで洗ってください。
泡がたちませんので、さっとすすぐだけで結構です。

食器はあらかじめ、ぼろ布や新聞紙などでぬぐって
おおまかな汚れは落とすようにしてください。

自然を楽しむキャンプですから
自然を大切にできるとれるNO.1をぜひご利用ください。
Q.とれるで野菜の農薬はとれますか
とれるNO.1で農薬や腐敗菌などの雑菌も除去できますので
野菜洗いにも安心してお使いください。

ブロッコリーは普通に水洗いしても、
表面が白っぽいカバーのようになって水をはじいてしまいますが、
とれるNO.1で洗ったあとはそのカバーがなくなるようで、
色が変わるんですよ。

それが農薬の影響なのかどうかまではわからないのですが、
かなり違いがわかるので、一度お試しください。

スプレーしてもいいですし、
粉末を洗い桶に入れて洗ってもいいと思います。

ただ、当たり前のことですが、表面の農薬は落とせても、
土から野菜自身が吸収している農薬まではどうすることもできません。
その点はご了承ください。
Q.カビ対策法を教えてください
カビの発生の原因は、湿気と汚れがほとんどです。

とれるNO.1で掃除することで
カビのエサとなる汚れをきれいにしたり、雑菌を除いたりできます。

カビの生えやすい場所にスプレーして、拭き掃除するなど
とれるNO.1で、普段の掃除をするだけでもカビは生えにくくなりますが
さらに大銀穣をスプレーすると、よりカビを防ぐ効果は高くなります。

ただ、カビを防ぐには乾燥させることが何より大事です。
とれるNO.1や大銀穣を使うと、水分も与えることになりますので
風通しをよくしないと逆効果になる恐れもあります。

お掃除のあとは風通しをよくして、じゅうぶん乾燥させてください。
Q.とれるNO.1でペットを洗えますか
とれるNO.1をお使いいただいても問題はありません。

スプレータイプを直接わんちゃんの体にスプレーし、
ブラッシングした後、濡れタオルで拭くだけでも
かなりきれいになります。

もし汚れがかなりひどいときは、先に体を濡らしてから、
お茶パックに入れた粉末タイプに水を含ませ、体につけていきます。

そのあと、ブラッシング、濡れタオルで拭く、できれいになると思います。

市販のシャンプーのように
泡がなくなるまで水で流す必要はありません。
Q.洗浄力と使用量の関係を教えてください
とれるNO.1には様々な種類の微生物が含まれています。
それぞれに得意な汚れがあったり、
熱さにつよいもの、寒さに強いものなど、いろいろです。

また、それらが個別に動くのではなく複雑に絡み合っていますし
そのときの気温や湿度などによっても洗浄力は変わってきます。
そのため「これくらいの量を使えば、これくらいの汚れがきれいになります」
と明確にお答えすることができません。

とれるNO.1でお掃除をするのは、酒造りと同じようなものだとお考えください。
そのときの状況に合わせて、使う量やふき取りまでの時間を調整して
いろいろ試しながらお使いいただければと思います。

ページトップへ

とれるNO.1(スプレータイプ)の使い方に関する質問

Q.とれるNO.1液体タイプで、なぜ害虫駆除ができるのですか
とれるNO.1の液体タイプを虫にスプレーすると
アリやゴキブリが駆除できたり、アブラムシを退治できたりします。
そのため、本当にとれるNO.1は安全なのか?と疑問に思われるかもしれません。

殺虫できるのは、こんな仕組みです。

虫の体表は油分で包まれていて水をはじくので
雨が降っても大丈夫ですし、水場などどんなところでも生きていけるわけです。

一方、とれるNO.1の液体タイプは
・油汚れに効果が高い
・95%が水
という特徴があります。

とれるNO.1のパワーは、虫の油分をも落としてしまいます。
虫にしてみれば、体の油分が落ち、さらに水がかかるので
溺死してしまうのです。
(とれるNO.1の粉末タイプでは、虫が死ぬことはありません)

「とれるNO.1液体タイプの洗浄力 + 水分」が、殺虫できる理由です。
人間や動物には害はありませんので、ご安心ください。
Q.手洗いのせっけんの代わりに使えますか
手を洗うときにも、もちろんお使いください。
手の平にスプレーし、手になじませてから水洗いします。
掃除のときのように時間を置かなくても大丈夫です。
Q.食器洗い機に使えますか
食器洗いには、とれるNO.1液体タイプをお使いください。
※粉末タイプは米ぬかやおからなどの粒子でフィルターが目詰まりするおそれがあります。

牛乳パックを切ったものやゴムベラなどであらかじめ汚れを落とした後
食器1枚ずつスプレーして、食器洗い機にセットしてください。

ただ油ものに使った以外の食器なら
食器洗い機の熱いお湯だけで十分に汚れは落ちますので
とれるNO.1液体タイプをスプレーしなくても大丈夫です。

また食器洗い機というものは、食器はきれいになっていても
庫内に汚れはだんだん蓄積されるもののようです。

その汚れまで、とれるNO.1だけできれいにできているかどうか
なかなかわからないので、食洗機自体をきれいにする洗剤で
ときどき庫内のお掃除をされたほうがいいかもしれません。
Q.とれるNO.1の使用後に表面に残る白いものはなんですか
とれるNO.1スプレータイプを使ったあと、拭き取らないと
白くなりますが、これは米ぬかです。

拭き取らなければ、どうしても残ってしまいますが
残っていても、安全性には問題ありません。

ただ見栄えはあまりよくないので、拭き取ったほうがいいかと思います。
Q.とれるNO.1を薄めて使ってもいいですか
とれるNO.1の液体タイプはほとんど水分ですので
そのまま使っていただくことを基本にしていますが
そんなに汚れてない部分には薄めて使ってもかまいません。

ただ、薄めることで雑菌が入ったりすることもあります。
一度にたくさん薄めてしまうのではなく、
その都度、使う分だけを薄めるようにしたほうが安心です。

ページトップへ

とれるNO.1(粉末タイプ)の使い方に関する質問

Q.とれるNO.1粉末タイプを液体にして使いたい
粉末タイプで、液体タイプにして使用することはできますが、
粒子がスプレーを詰まらせる恐れがあります。
お茶パックなどに粉末を入れるなどして、スプレーが吸い込まないようにしてください。

また大量に作ると、雑菌が混入して腐敗臭がするなどの可能性もありますので、
大量に作って保管するのではなく、できるだけその都度作るようにしてください。
液体タイプの作り方 >>
Q.排水口のツマリやぬめりには?
とれるNO.1粉末タイプがオススメです。
排水溝にとれるNO.1粉末タイプを直接ふりかけ、たわしなどでこすってみてください。
Q.泥汚れがキレイに落ちません
泥汚れは、残念ながらとれるだけではきれいになりにくいんです。

とれるは、微生物が有機物を分解することで汚れを取るというのが
基本の仕組みなのですが、泥汚れは有機系の汚れではありません。
ですので、重曹といっしょに使うのがおすすめです。

洗面器に浸けるなら、重曹ととれるNO.1粉末タイプと合わせて
大さじ1杯も入れれば十分だと思います。
量は、調整してみてください。
Q.とれるNO.1粉末タイプの使用後のカスは、どうすればいいですか
とれるNO.1粉末タイプを一般的に使う程度であれば
そのまま流しても、量的にはほとんど問題にはなりません。
まだ微生物が生きたまま一緒に流れていきますから、
すばやく分解されますし、まわりを浄化する効果もあります。

お茶パックに入れて使った後のものはパックごとなら生ゴミで出してください。
残り(カス)をパックから出して、油汚れに直接かけてから
汚れと一緒に洗い流してもOKです。

花壇にまいてもらってもいいと思います。(土と混ぜてください)

どちらにしても、一度に大量に流すのでなければ
何も問題はないので、安心してお使いください。
Q.とれるNO.1粉末タイプを入浴剤として使いたいのですが
とれるNO.1粉末タイプを入浴剤としてご使用の場合、
市販のお茶パックか、ガーゼの袋などに包んでください。
米ぬかなどの粒子が溶けず、カスが残ってしまうからです。

残り湯は、お洗濯に使えます。
通常通りに洗剤を入れて洗濯してかまいません。
(ただ、とれるNO.1の効果はなくなります)

ガーゼの袋に粉末を入れれば
入浴剤としてだけではなく、体や髪も洗えます。